私の時代のポロシャツ

今から30年くらい前、まだバブルで日本が浮かれているころ、大学生も大人につられて(・・・なのか若かっただけなのか?)浮かれていた時代がありました。その頃のポロシャツといえばまさに「大学生の象徴」!おそらくその時代は大学生だけでなく、すべての世代に人気があったのではないでしょうか?私たち大学生は男の子ならポロシャツにGパン、女の子はポロシャツにミニスカート、靴は男女ともにケースイスのスニーカーというのが定番でした。
大学生らしくさわやかに着こなすためには「襟元を立てて」カジュアル&スタイリッシュにするのが「決めポイント」だったので、ラルフローレンやラコステ等、襟が固くてしっかりしているメーカーが人気でした。特にラルフローレンは大学生のポロシャツ象徴ブランドで、誰もが持っていた「大学生の制服」のような位置づけでした。おしゃれな子たちはベネトンやBEAMSなども着ていました。
如何に襟を立てるかに相当気を使い、洗濯をしては糊付けするといった手間も惜しまない、襟が立っていることが「偉い!」といったような時代でした。大学時代に着たラルフローレンはまだタンスの奥に眠っています。もう着ないのに何故か捨てられない・・・私にとっては若かりし日の思い出のアイテムです。

TOPICS

女心をくすぐる!ポロシャツの魅力

男性のポロシャツ姿って何だかいいですよね。知的で品の良さが感じられ、清潔感もあります。発汗性、吸水性に優れ着心地も良く、お手入れも含めてTシャツ感覚で使え、その上ビジネスライクなシーンでも十分決…

もっと詳しく

私の時代のポロシャツ

今から30年くらい前、まだバブルで日本が浮かれているころ、大学生も大人につられて(・・・なのか若かっただけなのか?)浮かれていた時代がありました。その頃のポロシャツといえばまさに「大学生の象徴」…

もっと詳しく

ポロシャツは便利

ポロシャツには流行りぐさりがありません。その為何枚持っていても損することはありません。そして半袖、七分袖もあるので袖丈を変えれば年中着ることもできます。ポロシャツは上下の色に気をつければ何にでも…

もっと詳しく